外壁リフォーム、屋根の塗装

住宅リフォームのメリットとは

住宅の劣化

住宅を新築した場合、または中古住宅を購入した場合など、住宅の経年劣化によりリフォームをする必要が出てきます。 外壁や屋根は、風雨にさらされるため、劣化しやすい個所と考えられており、素材や環境にもよりますが、おおむね10年に一度はリフォームの必要があるとされています。外壁や屋根は、再塗装することにより、見た目も良くなるだけでなく、防水性がよみがえり、家を長持ちさせることができるため、定期的に行うことが推奨されています。

水回りのリフォーム

その他、キッチンやバスルームなどの水回りも、使用していると故障が生じやすい個所とされています。バスルームは、古いものの場合塗り壁にひびが入ったり、タイルのはがれ、または給湯機の故障などが起こる可能性が高くなります。又、古いバスルームは、冬場寒く、特に高齢の方のヒートショックにも良くないとされています。バスルームのリフォームは、ユニットバスが人気です。完成品を現場で組み立てますので、断熱性も高く工期が短いのが特徴で、浴室暖房などを取り付けることでヒートショックを防くことにも役立ちます。 キッチンのリフォームは、ガスコンロからIHクッキングヒーターに変更するのが人気です。IHクッキングヒーターは、火を使わない調理方法のため、キッチンが汚れにくく、掃除も大変楽です。又、夏場キッチンが高温になりにくいなどのメリットから、女性に大変人気です。

オール電化

住宅のシステムをオール電化にするリフォームも人気です。オール電化は、住宅で利用するエネルギーの全てを電気でまかなうシステムで、石油やガスを使用しないことから環境に優しく、又深夜早朝の割安な電気を使用するため、家計にも優しいところがメリットです。オール電化住宅にする際は、太陽光発電のソーラーパネルを導入することで、自宅で使用する電力もまかなうことができるため、更に家計の負担が少なくなるとして、人気のシステムです。 住宅のリフォームは、工務店やハウスメーカー、ホームセンターなどで行っていますので、気になる箇所がある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。